レトロ

RETRO
レトロ
大人の哲学を
空間に刻む。
かっこいい大人は、自分の世界を持っている。
ファッション、趣味、生き方、そのすべてにその人らしさという軸が一本通っている。
かっこいい大人になっているべき年齢になったいま、住まいも同じであることを確信した。
自分のスタイルを表現できる空間といえば、パリの古びたアパルトマンの一室だろう。
塗りの壁、ウッドフロア、配管が見える天井、ヴィンテージの香りがする建具や家具。それらをひとつの空間に凝縮する作業は、自分らしさという哲学が確立されているかを問う試験でもあった。
家づくりというクリエイティブワーク。 難関だったが、それゆえに醍醐味に満ちていた。
まずはお気軽に
お問い合わせください。